東京 池袋【無料】 ASKAの 『ユング心理学 ペルソナとシャドーの統合  座談会』

■日時

2015年05月21日 17:00~19:00

■場所

東京都豊島区東池袋3-7-11 東カングランドマンション池袋キャッスル305号

■詳細

ども!
ASKA講師です。

私は、ユング派について専門的に学んだ経験は無く、
今後 脳科学コーチとして ユング心理学を重視していくつもりはありませんが、

アナタにとっての 『他者との関係性』を、より充実させるという意味でも、

より一層 ユング博士が遺したものを を深く知る必要があると感じております。

そして、

ユング学派における基礎であり最重要部分とも言える『集合意識』や『心の元型』は、
その 大きな手掛かり となることでしょう。

2015y02m06d_105832417

当日は、
『集合意識』と『元型論』を分かり易く お伝えし、
皆さん それぞれのケースと 照らし合わせて、
人生を楽しく充実したものにし続けられるヒントを、
考えていきましょう☆♪

今回は、

座残会ということで、
座って みんなで お喋りしていきましょう。

*************************************************************

1.
ユングは、自身の統合失調症に苦しんでいた時、いつの間にか東洋の曼荼羅に似た文様を描いて
いたという。
そして、実験的に、統合失調症の患者の中で回復傾向にある人に、自由に何かを描いてみてもらっ
たところ、高確率で曼荼羅を描こうとすることも分かった。
このことから、
『円は、心が不安定な時に歪み、安定した時に綺麗なものを描き易い』という研究結果を得たが、
“曼荼羅”は、人間の元型や集合意識に関係のある文様なのだという持論にも至った。

2.
ユングは、第一次世界大戦の開戦数か月前から、
ヨーロッパが血だらけになる予知夢を何度も見ており、
更には、
1944年の心筋梗塞により体験した臨死体験で、
地球が青く綺麗な球であることが見えたと語っていた。
(皆さん御存知のように、「地球は青い」ことを人類が知ったのは、1961年ロシア人宇宙飛行士
ガガーリンによる初の有人宇宙飛行の時である)

ユングはこれらの体験から
『集合意識』に関する研究を深めていき、
後に、トランスパーソナル心理学 (個人の認知を超越した心理学) として、
他派でも研究されるに至り、現在も その専門性を研究する者が 数多く存在する。

*************************************************************

受講料:
無料

 

定員10名

日本催眠術倶楽部
公認講師 ASKA
tamura@j-002.net

2015,05,18 月曜日 05:35 PM

お問い合せ


お名前 ※必須
Mail(半角) ※必須
お問い合せ内容