【残枠6】07/19 東京池袋 エリクソン催眠基礎 ~ 心を開く会話術

■日時

2015年07月19日 13:00~15:00

■場所

東京都豊島区東池袋3-7-11 東カングランドマンション池袋キャッスル305号

■詳細

2014y04m26d_090614164

「患者の数だけ治療法がある」と言ったエリクソンは、実は決まった型の催眠は使っていなかっ
たといいます。
つまり相手に合わせてその場でオーダーメイドの誘導法、治療法を編み出していました。

夜尿症を治した例だけでも、キャッチボールの話をして治したこともあれば、夜中にある作業を
させて治したこともあります。相手によってはベッドに放尿させたこともあるのです!

ちまたにあふれているエリクソン催眠と呼ばれるもの、例えばNLPのミルトンモデルとかアルファ
誘導というのは、そういう数々の事例の中から「使えそうな」型を取り出してきたものなので、
エリクソンが使っていた催眠や言語コミュニケーションのほんの一部なのです。
もともと型がないものを型にしてしまったので、場合によってはまったく使えない場合があるの
です。

本来エリクソンの手法を本当に身につけようとすれば、莫大な量の資料を読み、臨床経験を積む
などして観察力を身につけなければいけません。

ですがこの講座では毎回少しずつ、エリクソンの逸話を紹介しながら使われている技法を解説し、
またそれをどうやって日常会話や催眠術で使うかということも説明していきたいと思っています。

エリクソン催眠の本質を知るにつれ、いつの間にか皆さんの会話の質や催眠術をかけるときのア
プローチが変化していることに気づくでしょう。

また今後NLPやコーチングの勉強をする方には、より理解が深まるでしょう。

ご興味ある方はお気軽にご参加下さい。

【参加費】初回 10000円 / 2回目以降 5000円

紅茶飲み放題付

【参加資格】エリクソン催眠に興味のある方

【定員】 8名

【お申込期限】お申し込みは開催日前日までご連絡下さい。



【お申込み方法】

下記「お問い合わせ」フォームに「受講希望」とご記入の上、お名前、メールアドレスと一緒に
送信してください。受付完了後メールにて詳細をご案内させていただきます。



【主催】日本催眠術倶楽部
【講師】公認講師 ライト

2015,05,30 土曜日 05:26 AM

お問い合せ


お名前 ※必須
Mail(半角) ※必須
お問い合せ内容