おしかけスピリチュアル

昨日は久々にTVを見ていました。
催眠術師の田村です。


スピリチュアル女子大生CHIEさんが芸能人の方々を霊視していくと言うバラエティ番組です。
彼女は見えている方ですね。
僕は昨日たまたま番組を見ただけなので、06/11放送を見ただけなんですが、当倶楽部は催眠術ブログですから、催眠術と言う学問的見地から見ると・・・
ちなみに
※ダウンロード (対象者のオーラを映像にして受信するというCHIEの能力)
これは、CHIEさんの脳と対象芸能人の脳が同調し、対象芸能人の情報空間の中のオーラを共感覚により視覚化した物を感じていると言う状態です。
これらの作業は無意識下に行われるので本人は「何か見えました」くらいで見えちゃいます。
※ドロップイン (意識を飛ばして他人の家に入り込むというCHIEの能力)
これも基本的な脳内作業は同じです。
CHIEさんの脳と対象芸能人の脳が同調し、対象芸能人の情報空間の中の情報である「家の中の記憶」と言うデータベースにアクセスしているだけです。
私共日本催眠術倶楽部では練習会等で日常的に訓練している内容なので簡単です。
むしろ非常に良く訓練されている当倶楽部のスタッフの方が読み取り能力高いと思います。
(CHIEさんの能力を低いと言ってるのではなく、これらの能力は磨くと光ると言う意味です。むしろ、訓練法等知らずにここまで読み取れているなら基礎的な能力は非常に高いと思います。)
又、番組では「天国のおばあちゃんの感情」の声が聞こえると言う事も言ってましたが、これに関しても基本的な脳内作業は同じです。
CHIEさんの脳と死んだおばあちゃんが生きていた時の脳が同調し、おばあちゃんの脳にアクセスしているだけです。
催眠術教室では意識体は時間と空間を越えると言うのを一番先に習いますので、わかるかと存じます。
番組内で「前世が先住民云々~」と言う辺りでCHIEさんは個人的な意見を入れている箇所が有りましたが、その点は催眠的視点から見ると過ちで、見えた物だけを言うようにした方が正しいものを読み取る事が出来ます。
個人的な意見を入れる癖をつけると、「脳が無い物を作り上げる性質」を刺激するので良くありません。
まぁ、この読み取る技術を学問として勉強しているわけではないのでしょうから、仕方ないかも知れませんね。
うちで訓練すれば伸びるのになぁ。
日本人の1/3はこの読み取り能力(リモートビューイング・未来進行催眠・前世退行催眠)が有りますので、当倶楽部では遊びに来ていただければ能力の有無は簡単に調べられます。
ちなみに最後に「ケイコ」と言う名前が聞こえたと言う事なので「聴覚派」も混じっているようですね。
CHIEさんは「視覚派」+「聴覚派」のタイプのようです。
世のスピリチュアルをやられている方は催眠術を全く別のカテゴリーとしてとらえずに、少しは興味を持つと新しい気付きを得る事が出来るかもしれません。
おしかけスピリチュアルはTV東京 毎週火曜日夜11:58放送です。
日本催眠術倶楽部
催眠術師 田村
tamura@j-002.net

2013,06,12 水曜日 06:22 AM