なぜ同調に着目したのか?

本日は高田馬場で催眠術教室でした。
催眠術師の田村です。
他所ではさらりとしか触れない同調に、日本催眠術倶楽部ではなぜこんなにこだわるのか?
実はこのノンバーバルヒプノの技法自体は日本でも1000年以上の歴史が有り、
世界的な視点から見ると古くは4000年以上の歴史を持つ技法となります。
如何せん目に見えない技法の為、非常に解釈が曖昧であり、出来てるのか出来てないのかわからないものまで有ります。
しかし、明らかにこの技法が出来ている方も確実に存在しているのです。
同調のみに焦点を当てると、プロの催眠術師さんや本職の気功師さんは同調がしっかりと出来ているのです。
プロは自然にできている。
これがやっかいなんです。
催眠や気功の巧妙に出来ている人間は、同調が自然にできている為に、教える時にこの「同調」を見落として教えてしまうのです。
このとらえ所の無い同調をどのように教えるかが、見えない世界での一筋の光となり技術が形となるのです。
日本催眠術倶楽部
催眠術師 田村
tamura@j-002.net

2013,06,22 土曜日 07:29 PM