キャサリン妃が出産したそうですね。~幸せな催眠出産~

キャサリン妃が出産したそうですね。
本日もお疲れ様でした。催眠術師の田村です。
催眠出産に関して皆さん検索しても情報が出てこない。
田村さん書いて下さいよ。と言う指摘をいただきました。
催眠出産と言うテーマですが、呼吸法やら何やらと言ってますが、実際は痛みを消すと言う事につきます。
しかも催眠術師は出産に付きっ切りは出来ないんです。
ですからどうするのかと言うと、後催眠暗示を入れます。
例えば、「耳を引っ張ると痛みが無くなる。」等の暗示を入れるんですね。
もちろん痛みは消しても、陣痛の波は感じてもらわないと産むのに支障がありますので、陣痛の波を”出産の喜びの波動”と置き換える暗示を入れます。
簡単に書いていますが、これは出産のその場で催眠をかけるのではなく、出産が近付いたら毎週1回くらいのペースで催眠をかけて、これらの暗示を仕込んでおくんですね。
無痛分娩の暗示は痛く無いからお母さんに良いと言うだけでは無いのです。
痛みと言うのは緊張を与え、筋肉が極端に緊張するのです。
本当の出産と言うのは緊張が無い状態で筋肉が緩んでいる状態のほうが良いのです。
催眠出産には良い点が多々有り、まず、薬を使ってないので副作用が無い。
本人の潜在意識に働きかけ、本人が産む力を引き出すのです。
良く考えてみてください。
ラマーズ法って、なぜ出産の際に必要なの?
それは妊婦さんが痛みのせいで体を緊張させてしまうので、緊張をほぐす為です。
余りの痛みに子宮口が堅くなり(筋肉の緊張)赤ちゃんに酸素が届かなくなったりするからです。
催眠出産は痛みを消す事で出産をリラックスして行い、母体にも胎児にもとても良い出産法なんですね。
逆子を催眠で向きを変えたりする事もできます。
ですから催眠出産は出産前から準備が必要なんですね。
当団体(AJPR日本心理学愛好会)では準備期間中にも妊婦さんに素晴らしいお楽しみをご用意してますよ。
お腹の赤ちゃんと心を通じ合わせる事も出来ます。
赤ちゃんが何を思っているのか知る事ができますよ。
幸せで素晴らしい出産を応援してます。
日本催眠術倶楽部
東京都豊島区東池袋3-7-11 東カングランドマンション池袋キャッスル305号
催眠術師 田村
tamura@j-002.net

2013,07,25 木曜日 07:35 PM