伝授とは何か?

本日は涼しく過ごしやすくなってますね。
催眠術師の田村です。
気功やレイキ・エネルギーワークをやっていない、知らない方にとっては、オカルトな事をやっているようにしか見えない伝授。
伝授は色々な流派で呼び名が異なり、「アチューメント」「霊授」等と言われています。
彼らは学問として扱ってるわけではないので、波動がどうのこうの、次元がどうのこうのと言う話が出てきてまか不思議な理論で質問する事さえはばかられる空気が漂いますが、要は脳内情報のコピーをしていると言う事です。
スピリチュアル系の方々の「相手の体の不調の部分を読み取って、その後自分も不調になる」と言う症状が脳内情報をコピーしてしまった状態です。
自分でコントロールできるよう訓練していない人がそのような症状になるわけですが、学問として扱っていればそのような事に巻き込まれる事はありません。
これは訓練方法は
「未来進行催眠」「前世退行催眠」「千里眼」等の訓練は相手の脳内情報を読み取る作業なので、これらを訓練する事はコントロールの練習になります。
その情報を自分に入力すると症状として現れてしまいます。
情報を取得後、自分に入力しなければ良いのです。
わかりやすく説明すると「コピーだけして、ペーストしなければ良い」のです。
催眠術の全てのカリキュラムが繋がっていると考えます。
伝授とは情報を持っている側が、情報を持っていない側にコピー&ペーストする行為です。
何らかの技や技法を伝授する場合は脳内情報と言うよりもその技・技法を使う時の脳内回路の動き自体をコピーしているという事になります。
勉強は楽しいですね。
日本催眠術倶楽部
催眠術師 田村
tamura@j-002.net

2013,06,27 木曜日 12:22 PM