催眠術がかかる本当の理由

おはようございます。
催眠術師の田村です。
今日も催眠術のお勉強ですよ。
$日本催眠術倶楽部 催眠誘導成功率100%のハイブリッド催眠術で催眠革命!
素人さんからよく言われる「催眠術ってあるの?」という質問ですが、これにまともな回答をする催眠術師さんをお見かけしないので、素人の一般人さん向けに、そして、回答が出来なかった催眠術師さん向けに回答見本をお教えします。
脳は情報空間と物理空間を区別せずリアルを感じます。つまり、
■現実に左の手にお日様が当たってポカポカポカポカ温かいのも、
■言語で「左の手にお日様が当たってポカポカポカポカ温かい」と言われてそのイメージをするのも
■ノンバーバルヒプノでそのイメージを形成されるのも
脳は区別できずにポカポカ感じてしまうという事です。


つまり、現実と暗示を区別しないほどに意識を緩めれば催眠術がかかるという事です。
意識が止まれば(思考が緩やかになれば)暗示と現実の区別をしなくなるので、
脳内に放り込まれた暗示にリアルを感じるという事です。
これが催眠術です。
理論がわかれば非言語的な催眠術も「無い」とかいう人は減ると思います。
あとはイメージを正しく送信する条件がわかれば、ノンバーバルヒプノがかかることがわかります。
ノンバーバルヒプノ練習会に参加して図形送信の練習をされた方はわかると思いますが、図形があれ程(8割以上の正答率)をたたき出すと、ノンバーバルヒプノが存在する事を感じると思います。
どんなにノンバーバルヒプノを否定しても、エリクソン催眠の半分以上が非言語です。
言語の部分だけ勉強してエリクソン催眠やってます。と言っても、それは表面を真似しただけに過ぎません。
本当のエリクソン催眠は言語と非言語を織り交ぜて使うものです。
基本的なメカニズムを知る事は重要です。
これで催眠術師のあなたも催眠術がかかる仕組みを説明できるようになりましたね。
あなたも「催眠術がかかる仕組み」を今後は胸を張って説明できるようになりました。
あなたが成長するとこのブログも読んでいただけて幸いです。
プロの催眠術師さんが勉強しに来るブログは情報が満載のブログでなければいけませんよね。
さて、11/4は催眠術カフェが開催されます。
02/02 催眠術カフェin池袋
開催日時 2014年02月02日(日 17:00-22:00)
開催場所 東京都豊島区南池袋1-9-24 サンサーラ南池袋 1F グレイスカフェ
http://hypnotismcafe.com/u_edit.php?id=215

楽しいおしゃべりが待ってますのでお気軽にご参加くださいね。
皆様のご来店お待ちしてます。
日本催眠術倶楽部
催眠術師 田村
tamura@j-002.net

2014,01,19 日曜日 10:10 AM