[瑞香]no borderだと思う。

プライベートでむしゃくしゃしすることがあったので
ひとりでバーにきていた
ハイブリッド催眠術講師の瑞香です。
自己催眠かけても、消せないものもあるんだぜ…いや、消したくないのかもな(遠い目)
とか
カッコつけちゃったりしてー!!!!なんつってー!!!!!
冗談はさておき、今家に着きました。
ワタクスが先程まで遊びに行っていたバーは日本語ベラペラの黒人のお兄ちゃんが経営してるとこでした。
ワタクスの隣に座ったお兄さん(日本人)に許可をとってハイブリッド催眠術をかけていたら
例の仕草をみた黒人のお兄ちゃんが
(´゚Д゚)…!
という顔をしていました。
何やってんのー?ってきかれたので
I’m rookie hypnotist!
と名乗ったところ表情一変、
うっそ、マジかよ!かけてかけて!
と、カウンターでの仕事ほっぽりだして隣に座り、超乗り気。
一回目、失敗したら嫌だったので簡単な手が固まるーをやりました。
かかりが悪かったです。
でも
「店の音楽、爆音でかけてるから悪いんだよね!多分、静かだったらかかるわコレ!」
…と、わざわざ店の音楽を消音にしてくれました。
どんだけーーー!
どんだけ優しいのー!
もうIKK○になっちゃうー!
やだーもうー惚れちゃうー!!
そしてそして!!
消音にした結果…
かかりましたー!!!
ビューティーもかかったよー!!
ハイブリッド催眠術は国境を越えて催眠誘導できますよー。
もう1人、従業員で日本語が少ししかできない外国人のお兄ちゃんがいて、彼も
やってやって(゚∀゚)!
とせがんできましたが、
「お前日本語まだ堪能じゃいからダメ、催眠術かかんねーわ」
と、日本語ペラペラの黒人お兄ちゃんが制していました。
うまく説明できませんが、彼の母国では我々団体が「非言語催眠」と総称している技術を「日常のお役立ちツール」として普通に使っているみたいなので
彼もある意味、というか生粋の?催眠術の使い手だからhypnotismに理解があったんですねー。
日本ではオカルトちっくに思われ偏見されがちですが
海を出ればれっきとしたコミュニケーションツールです。日常の一部です。ブラックマジック談義も楽しかったです。
I want to became famous hypnotist(`・ω・´)!!
と「海賊王に俺はなる!」的なノリで宣言しても、むしろ真剣な目で
「なれるなれる!ルーキーなのにこのレベルでしょ!?いけるよ!」
と、肯定的に受け止めて応援して下さいました。
やっぱりハイブリッド催眠術は出来る子。
彼は催眠状態をわかっている人だったので非言語誘導中に「あーきてるきてる。あー…」と体感して頂いた上での激励の言葉だったので、とても嬉しかったです。
商売口上ではなく、ちゃんと心からの声でした。
やっぱりハイブリッド催眠術は出来る子。
日本語が少ししかできない外国人のお兄ちゃんが
(´・ω・`)←こんな顔して残念がってたから
非言語誘導だけ体験してもらって「眠気くる?」ときいたら「少しくる」といっていましたし、
催眠誘導に関してはハイブリッド催眠術はno borderです。
暗示に関しては日本語が堪能、もしくはこちら側が簡単な英語ができないと難しいですけど。
酒の席だからとか、リピートしてもらうためのおべっかだったとか、
そうゆうのではなかったと、胸を張って言えます。
何を言ってるんだコイツはと思われるかもしれませんが
私も何を伝えたいかわからなくなりました。
なんか、
ハイボール飲み過ぎて
頭がまわりません。
とりあえず、ハイボールは美味しいということを言いたいです。
ブラントンをコークハイで飲む女ですからね、私。ウエーイ!!
日付変わりまして本日神奈川でハイブリッド催眠術講座やります!
お会いできることを楽しみにしていますね。
see you in your dream!
日本催眠術倶楽部
講座講師:瑞香
連絡先:tamura@j-002.net

2013,07,27 土曜日 01:29 AM