目的があれば、まずはそこに行くべき

こんにちは、催眠術師の田村です。


催眠術師田村は、海外でも催眠術講座を開催する国際的な催眠術師です。
日本の枠にだけとらわれない、アクティブな活動をしていると評価されてますが、私自身はそんなにそれを意識していません。
言語と国が違うだけで、住んでる人は皆同じ人間です。
催眠は生理現象をよく使いますので、ほぼ同じです。
催眠術師さんが「催眠術は言語を使うもの」「だからネイティブじゃなければ催眠術はかからない」と勝手に思い込んでいるだけです。
実はノンバーバルヒプノ「言語を使わない催眠術」が有るので、言語が異なってもかなり有利に催眠術をかける事ができます。
非言語が使えない催眠術師にはできない技ですよね。
日本国内ではノンバーバルヒプノ等と変わった事をやっているおかしな奴というレッテルを貼られている催眠術師田村ですが、おかげで海外でも通用するのでノンバーバルヒプノは重宝します。
特にハイブリッド催眠術等は革新的な技術なので、海外でも注目されています。
基本的に日本では催眠術は「アヤしい」という評価が一般的なので、日本よりも海外のほうが受け入れる土壌は出来てますしね。
しかし、その根底にあるのは自分の持ってる先入観をいかに取り払うかに有るので、敵は言葉でも田村でも無く、自分自身の中に有って、気付けるか否かなんですね。
目標達成には抽象度を上げて云々という話も良く聞きますが、田村は抽象度を下げて、まずそこに行きます。
そして臨場感の方を先にあげてしまうのです。
多分世間で流行っている目標達成法と逆の事をやってるので、意味がわかりにくいと思いますが、実際に行ってしまえば何とかなるものですw
事件は会議室で起きてるのではない!現場で起きてるんだ!
という事です!
でもね、基本的に目の前の出来事を一つ一つ楽しむ気持ちが重要ですよ!
日本催眠術倶楽部
催眠術師 田村
tamura@j-002.net

2013,11,22 金曜日 03:14 PM