膀胱炎・尿道炎は催眠療法では要注意!

本日は催眠療法の注意点に関してです。

催眠術師の田村です。

催眠療法ではかなりの範囲の治療に対応できますが、意外や意外、簡単と思われる膀胱炎・尿道炎が注意が必要です。

これらはヒプノセラピーでは施術すると簡単に症状が治まり以前より良く(痛みが消える)なりますが、これは治しているわけでは無いのです。

痛覚の信号をブロックし、脳が痛みを感じていないだけなので、完治したわけではないのです。

催眠で痛みを消しても細菌は生きてますので、痛くなくても病院に行って、治療を受けてください。

日本催眠術倶楽部

催眠術師 田村

tamura@j-002.net

*暗示文掲載ポリシー
催眠術は全ての人に同じように効果が現れるわけではございません。
例えば薬のように、効く人と効かない人がいます。
必ずしも効果があるものではありませんのでご了承下さいませ。

医療に関する免責事項 もご確認下さいませ。

2013,06,26 水曜日 04:43 PM