LUB least upper bound リーストアッパーバウンド


least upper boundとは、辞書にも乗っている一般的な単語です。
上方の範囲で最小のものと言う意味です。
最小公倍数と考えるとしっくりきます。
催眠に携わる人には最後の最後までまとわりつく重要な概念です。
上記YouTube動画でもLUBのお話をしています。
目先LUBの話を聞くと、ふーん、そうか。わかったと思ってしまいますが、そこから先が重要です。
LUBは物理概念だけではなく抽象概念にも利用します。
例えばAさんとBさんが口論してたとします。
AさんとBさんは同じ抽象度で話をしていると話がこじれてしまいます。
必ず相手よりも抽象度を上げると言う事をしなければ、相手を上回る話はできないのです。
口論に限らずに自分の抽象度を上げると言う行為が重要です。
それは立場が上に立つと言う事とは異なります。
思考の抽象度を上げると言う事です。
よく催眠術師は相手を支配しなければいけないと言った事を言いますが、田村式ではそれは違います。
被験者の立場に立ってあげることが重要で、被験者本位で施術するように指導してます。
ただ、術師は抽象度を上げると言う作業はしなければいけないのです。
これが田村式では本当の意味での催眠術と考えてます。
被験者さんを愛情で迎えてあげると言う姿勢を学んだのは私の恩師の南先生の所です。
催眠術教室は当方もやってますので、催眠術カフェからーず。での催眠術教室もお奨めしてますが、南先生の行っている催眠術教室もお奨めです。
南先生の催眠術教室を受講した生徒さんは現在の中堅所の催眠術師さんを何人も輩出してます。
本当に催眠を学びたい方は南先生の催眠術教室も検討下さいませ。
話を元に戻しますが、least upper boundは訓練すると身につきます。
例えば、あなたと私のリーストアッパーバウンドは、「催眠に興味のある人」ですし、DVDプレイヤーとパソコンのLUBは「電子機器」ですし、ジョニー・デップとデミ・ムーアのleast upper boundは「アメリカ人」「映画俳優」です。
これらの練習は普段から日常的に練習しなければ身につきません。
身につくとさらに先の次元へ技術を昇華させる事ができます。
皆さんも沢山練習してくださいね。
日本催眠術倶楽部
催眠術師 田村

2014,01,16 木曜日 08:56 AM