TVショッピング

深夜のTVショッピングは楽しいですね。

催眠術師の田村です。

催眠状態が深い状態とは暗示を受け入れやすい状態を指します。

寝る直前と起きたばかりが催眠状態ですから、深夜のTVショッピングは心理操作をする上で非常に効果があります。

アメリカが販売元のTVショッピングの番組構成ははっきりと構成が出来ていて、NLP技法をふんだんにとりいれています。

お客様が商品を購入するきっかけは決まっていて、次の3つの要因のどれかが満たされると購入にいたります。

1、人

2、物

3、金

この3つの条件の一つでもお客様の納得のラインまで行けば人は購入に至ります。

人とは、「この営業さんが言うんだったら買おうか。」「この人の為なら買っても良い。」と思わせる事です。

物とは、「この商品は最先端の技術で作られたので、買ってみよう」「前から欲しかったんだ。これ」と言う商品の品質が良いから売れると言うものです。

金とは、「安いから」「分割払いが出来るから」と言った理由で売れると言う事です。

催眠は感情変化を引き起こすことが可能な技術です。

好き好き催眠を見たことは有りますでしょうか?

人を好きにさせると言うのは非常に多いですが、物を好きにさせる事も可能です。

商品が素敵に見えて、営業さんを信頼してくれたら、かなり販売をするには有利です。

アメリカではこんなに進んでいる販売に関する催眠利用も、日本ではTVのイメージのせいで「催眠=オカルト」と扱われています。

賢い経営者様は催眠が学問であり、心理学であることが理解できるかと思います。

貴社の営業にも催眠をぜひ活用してみてくださいませ。

当方は営業での催眠テクニック導入に実績がございます。

ご相談もお気軽にどうぞ。

日本催眠術倶楽部

催眠術師 田村

tamura@j-002.net

2014,01,14 火曜日 10:51 AM